英会話の必要性について考える

英会話の必要性について考える

英語が出来たら良いなという事は多くの人が漠然と考えているかもしれませんが、実際にどれほどの必要性があるのかと真剣に考えてみたことはありますか?

もちろん受験生なんかの場合は試験の為に英語を勉強しなければならないと思うかもしれませんが、大人になると英語が話せなくても生活する上では支障がないと思っている人も少なくないでしょう。

しかし、今の日本の現状を考えてみるとどうでしょうか。

数年前までは外国人がこんなに日本にいなかったと思いませんか?

やはり日本も国際化の流れは急速に進んでいるのです。

そうなると必然的に英会話のスキルは求められるようになってくるのです。

それでは、英会話が出来るとどのような利点があるのか、または英会話が出来ない為におこるリスクについても考えてみましょう。

スマホホームステイ公式HP

行動範囲が限られる

別に海外旅行に興味はないと思っている人もいるかもしれませんが、海外旅行に限った事ではなく、日本国内でも英語がスタンダードに使われる場面は非常に増えています。

英語が話せなければそういった社交場に足を運ぶ事もためらわれてしまうでしょう。

特に日本も今後はますますそういった場面が増えていくと推測される為、日本人でありながらも肩身の狭い思いをしてしまうかもしれません。

やはり英会話というのは日本国内においても必須なスキルであるという事が言えます。

商品やサービスの説明が英語中心である

皆さんが手にしているスマートフォンなどでも、簡単な説明は日本語で書かれている事が多いと思いますが、少し複雑な操作をする為に、と思ってシステムなんかを見てみるとほとんどが英語で書かれていると思いませんか?

その他にもネットショッピングなんかでも違和感満載の翻訳がされているサイトなんかを見たことがある人も多いと思います。

すでに日本で扱っている様々な製品の多くは海外からの輸入品であるため、その製品のマニュアルやそれを扱うサイトなども英語表記が基本です。

時には日本製のものでも詳細なマニュアルは英語表記となっている場合もあります。

もはや英語というのは日本においてもスタンダードな言語になりつつあるのです。

このまま自分には関係ないものと思っていると数年後には自分の力では何もできないような未来になってしまうかもしれません。

コミュニケーションが取りやすくなる

当たり前と言えば当たり前ですが、英語を話せるようになれば外国の方とのコミュニケーションが取りやすくなります。

このことについても、自分は日本人としか交流をもたないから関係ないと思っていても、もはやそうもいかなくなってきているというのはお分かりではないでしょうか?

コンビニや飲食店で働く人も外国人が多くいます。

ほんの数年前とは比較にならないほど増えています。

日本は閉鎖的な発展を遂げてきた国ですから、郷に入っては郷に従えという意識が強いですが、もはやそんな事も言ってられなくなってきたというのが現状です。

そうしたこれからの未来で、コミュニケーションに不自由することなく生きていくためには、やはり英会話の習得は必須ともいえるのではないでしょうか。

スマホホームステイ公式HP TOPページを見る